デメリットはやはり大きい

任意整理をしたとしても、あまりデメリットはないと勘ちがいされがちですが、実際にはしっかりとあるのを承知していますでしょうか。

それは官報に記載されてしまうことです。噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性もあり得るのです。

これが任意整理のもっとも大きなデメリットだということになるかも知れません。
多重債務などで債務を整理をした場合、クレジットカードの更新が不可能になることがあります。

債務整理をすると、信用情報機関に個人情報と伴に事故歴が保存されてしまい、情報を共有されるのです。
まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられるケースもあるため、クレジットカードを使って引き落としているのならば、他の方法を考えなければいけません。返済のやくそくを反故にして金融機関や回収業者から裁判を起こされたあとであろうと、やろうと思えば債務整理はできるものです。もっとも可能なことといえば裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれることもありますし、差し押さえの不安もなくなるはずです。 また減額交渉が成立すれば返済をもとめる裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。

過去には出資法に従い、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が当たり前に存在していました。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。
現行は利息制限法の上限を上回る金利は法律違反です。

ですから、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、お金の借入の整理によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。 これがすなわち過払い金請求です。

借金滞納で差し押さえられた