過払い金返還請求とは

債務整理をするにあたっては、返済が完了している借りたお金について債権者に利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。

過払い金返還請求を行う時には、取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類が不可欠です。

今までの取引履歴を掌握できれば、適正な利息を算定することが出来ますので、過払いになっていた利息を返納して貰えることになります。

個人再生には幾らかの不利なことがあります。
一番大きいのは高額であると言う事で、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多かったなんて事例もあるのです。
しかも、この方法は手つづき期間が長くなってしまう為、減額して貰えるまでに長い時間を要することが多々あります。司法書士や弁護士は、普通の人から見れば法律の専門家ですが、何にでも精とおしているりゆうではなく、得意分野は経験によってさまざまです。

持ちろん債務整理の実績がほとんどない弁護士もいる位ですから、安易に依頼せず、経験豊富な司法書士や弁護士を探して依頼しなければ良い結果は出ません。

以前にくらべると債務整理専門に力を注いでいる弁護士(法律事務所)や司法書士(法務事務所)も少なくないので、手つづき中のストレスも非常に少なくて済むようです。

既にある利息と将来利息をつけずに元金のみを返済していく方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。債権者に掛け合って、和解が成立すれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、月々に返済しなければならない額を軽減できます。

元金も減らされないとこれからの返済が苦しいのであれば、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。
自己破産 会社 解雇